予算は注文住宅を建てる最大のネック!気になるゆとりある資金計画を立て方などを紹介

注文住宅を建てるとき最も気になるポイントは、資金と言えるでしょう。
お金は無限ではありませんから、有意義な計画をたてるべきです。
当サイトでは予算のたて方や見積もりの考え方など、マイホームに関するお金情報をまとめました。
もし予算がオーバーした場合も対策を講じておけば、リカバリーすることが出来るものです。
あらかじめさまざまなケースを想定しておき、安全性の高いお金の使い方を知っておきましょう。
少しの工夫で節約できる部分もあるものです。

予算は注文住宅を建てる最大のネック!気になるゆとりある資金計画を立て方などを紹介

注文住宅を建てるとき、第一に考えるべきが「予算」の部分です。
これは予算不足を防ぐ観点からと、注文住宅を建てたあとに後悔しないためという2つの理由があります。
注文住宅の予算計画は、まず自分の資金をどのくらい出せるか決めることです。
自己資金は基本的に、注文住宅そのものの頭金となります。
さらに次はローン計画をたてるのです。
この費用は仕事の収入などから算出するのが良いでしょう。
最終的には、この資金を土地と建物でどうバランスを取るか考えることが大切です。

注文住宅を建てるために必要な予算の相場

注文住宅を建築する場合、どのような相場になっているのか理解しておかなければいけません。
注文住宅の相場に関しては、建物の大きさ等により異なりますがおおよその予算は3千万円位を考えておいた方が良いです。
都会ならばもう少しますが、地方ならばそれだけのお金があれば土地と建物の両方を手に入れることが可能です。
田舎に行けば行くほど土地の値段は安いため、土地の金額が100万円で建物の値段が2千万円だとしても随分とお釣りが来る可能性が高いです。
東京23区や大阪の中心部などは、6千万円位の費用をかけた方が良いかもしれません。
東京23区といっても、場所によって随分違いがあります。
例えば、比較的土地の値段が安いと言われている足立区と、東京都中央区では全く土地の値段が違います。
しかも、建物を建築する時土地が狭い方が費用がかかりやすいといった問題でもあるわけです。
建物が広ければ必ずしも予算がたくさん必要かと言えばそのような事は無いことを知っておく必要があるかもしれません。

頭金無しでも注文住宅は建てられる?

頭金無しでも注文住宅を建てることは可能ですが、その分だけ月々の返済金額が多くなったり、返済期間が延びたりすることは覚悟しておかなければなりません。
注文住宅に限らずどんな住宅でも、一般的に言って全額を現金一括払いするようなことは現実的でなくローンを組むのが普通ですが、だからと言って100%ローンが当たり前かというとそのようなことはありません。
返済金額や返済期間のことだけではなく、普通、家づくりにはある程度準備期間というか自分たちの考えをまとめる時間が必要です。
そのような間に、資金を貯めることが想定されていると言ってもよいかもしれません。
ですので、頭金無しということはしっかりとした準備をせず早計な決断をしているかもしれないと思われる可能性もあり、これは相手側には良い印象を与えません。
もちろん、多少の資金はあるけれどもそれは不測の事態が生じた場合のための生活費にしたいというようなことはあり得ます。

注文住宅でゆとりのある暮らしができる住宅ローン返済額の目安

注文住宅でゆとりのある暮らしができる住宅ローン返済額の目安はどれくらいなのでしょうか。
何がゆとりなのかとか、住宅以外にどれくらいのお金が月々必要なのかは個人の考え方やライフスタイルにも大きく左右されますので一般的な話しかできませんが、年収の20%以内に返済を留めることができればというところでしょう。
これは別に注文住宅だけの話ではなく建売住宅やマンションであっても基本的には同じです。
ただ20%以内という数字は相当に理想的なケースであり、実際には難しいかもしれません。
お金のゆとりはもちろん大事ですが、そのために住宅に費用をかけることができず手狭な家になったり、通勤に要する時間があまりにも長くなってしまうということでは、ライフスタイル全体から見るとそちらのほうが別の意味で余裕のない暮らしになることも十分にあり得ます。
お金があっても時間を買うことはできませんし、一旦建てた家を容易なことでは拡張することもできません。

注文住宅の資金計画作りに役立つシミュレーション

マイホームを持つことは一生に一度あるかないかの大イベントで、高額な費用が掛かります。
そのため資金繰りはしっかりとしておかなければ、家は建っても生活に困ることになるので予算決めは重要なことです。
しかし、一体どのくらいかかるのか想像がつかないこともあるでしょう。
ネットなどの情報で新築の家を売り出して価格が書いてあるので見当はついても、値段が表示されているのは建売住宅や中古物件なので、新築の注文住宅の費用は公表されないのでわかりづらいのです。
それに実際に注文住宅のプランを作って見積もってもらってもハウスメーカーや工務店によって見積額も異なるので、どれを参考にすればよいのかわからないこともあります。
そんなとき、注文住宅のシミュレーションができるサイトを利用してみるといかがでしょうか。
希望の間取りや坪数などの簡単な入力で複数の会社に見積もり依頼ができ各社が無料で作成してくれ、見積額だけでなくローンの返済金も出してもらうことができます。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅建築のポイント

注文住宅を建てるとき最も気になるポイントは、資金と言えるでしょう。お金は無限ではありませんから、有意義な計画をたてるべきです。当サイトでは予算のたて方や見積もりの考え方など、マイホームに関するお金情報をまとめました。もし予算がオーバーした場合も対策を講じておけば、リカバリーすることが出来るものです。あらかじめさまざまなケースを想定しておき、安全性の高いお金の使い方を知っておきましょう。少しの工夫で節約できる部分もあるものです。

Search